輸入住宅の魅力と購入する場合に大切なこととは

輸入住宅には決めれた定義はありませんが、輸入住宅産業協議会によれば、その国の住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内で建築する住宅としています。

輸入住宅には様々な魅力がありますが、まず、存在感があります。

役立つビジネスジャーナルをあなたに紹介致します。

非常にシンプルながらも個性的な外観を持つものが多く、それぞれの国によって違いはあるものの、部材の使用に関しても素材感を最大限に活かした作りがなされています。

デザインに関しても、北欧や北米といった地域で違いがあり、概ね、規模が大きいという特徴があります。

構造面においては、パネル工法や2X4部材による工法であるために耐震性があり、日本住宅が軸組みであるのに対し、壁式によって作られています。

空間が大きいことも魅力の1つに上げることができます。

日本においては主に910mmピッチがモジュールとして用いられていますが、ヨーロッパ系では1200mm、北米系では1220mmとなり、そのために部屋自体も大きく設けられています。輸入住宅を購入する場合には、写真やカタログだけで判断するのではなく、それぞれの国の文化やライフスタイルを理解することが大切なことになります。

日本においては、和風住宅が国を代表する工法の1つとなりますが、現在ではほとんどの住宅は和洋折衷による造りが行なわれています。



しかし、輸入住宅では、その国の文化やライフスタイルを表現した造りがなされており、十分に理解をしないままに購入をしてしまうと後悔につながる可能性もあります。

話題になっている袋井の輸入住宅に関する問題解決をサポートいたします。

それは、使い勝手や機器の取付具合、施工精度や仕上精度があり、日本の住宅に求める内容が、全て満足できない場合があることを十分に理解をした上で購入をする必要があります。