北米系輸入住宅の種類と特徴について

北米系輸入住宅は、日本においてもこれまで実績が長く、現在では、輸入住宅の国別シェアとしては、カナダが37.8%で1位、アメリカが21.9%とスウェーデンに次いで3位となっています。

北米の住宅は、歴史的にはヨーロッパからの移民によって建てられており、イギリスの建築様式を受け継いだものとなっています。

北米系輸入住宅のスタイルとしては、アーリーアメリカンスタイル、ジョージアンスタイル、チューダースタイルの3つがあります。

Reutersをあなたに紹介致します。

アーリーアメリカンスタイルは、アメリカ北東部やニューイングランド地方で生まれた、非常にシンプルなデザインを持つ住宅となります。

カラーリングにおいても派手さがなく、外壁が淡いカラーの木製サイディングが用いられたり、グリーンの鎧戸やカバードポーチと呼ばれる屋根付き玄関が特徴となっています。



ジョージアンスタイルは、暖色系のレンガタイルの外壁に、窓が規則的に設けられたデザインが特徴となります。

外壁がレンガタイルのために重厚さを醸し出しており、シンプルな形状と窓の配置から非常に落ち着いた雰囲気があります。

様々な湖西の輸入住宅に関する予備知識の情報が満載です。

アメリカ東部のバージニア州で誕生したとされており、シンメトリーデザインであるために玄関は中央に設けられています。
チューダースタイルは、北米系輸入住宅ではデザイン性が高いスタイルとなります。


発祥は19世紀末頃と比較的新しく、その後人気の高まりと共に全米に広がりを見せることになります。

北米系には珍しく外壁や壁に装飾性を持ち、仕様されるテクスチャーもレンガタイルから塗壁など多用な手法が用いられています。