輸入住宅の魅力の秘密

輸入住宅は根強い人気を誇り、幅広い年代に愛されています。

輸入住宅と一口に言っても様々な種類があり、また明確な定義もありません。

輸入住宅産業協議会では「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージ輸入し国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。
海外の設計思想とは優れた機能やゆったりとした間取り、そして木の質感などを指します。

その魅力は基本機能の高さにあり、またデザインと素材の質感・オープンな間取りなどが気に入って購入したという意見が多いようです。

島田の輸入住宅のお役立ちコンテンツ満載です。

では高い基本性能とはどのようなものでしょうか。
1995年頃に話題となった海外部材の住宅では、従来の日本の建築よりも断熱材が厚く、複層ガラスの窓が標準となっていました。
その他気密性や耐震性・耐火性・耐久性など、住宅の価値や住み心地を左右する性能が勝っていると感じられました。

輸入される住宅部材はアメリカが40パーセントを占めています。

次にスウェーデンとカナダが約15パーセント、その他デンマーク・オーストラリア・ニュージーランド・フィンランドなどと続きます。

口コミで評判のReutersの知りたかった情報がきっと見つかります。

住宅のスタイルは北米と北欧に大別できます。ヨーロッパから米国やカナダへ渡った人の住まいが基本となる北米スタイルは2×4工法で、約2インチ×4インチの規格材を使い壁を作り、6面の箱のように組み上げる工法で建てられます。
北欧スタイルはパネル工法で、北米スタイルよりも断熱材が厚く、窓も三層などを標準としてしているメーカーが主流となっています。